Xoops&Website Note 拡張可能なオブジェクト指向ポータルシステム

拡張が可能なポータルシステム?

最近になってといいますか、数年前からXoopsという単語が聞かれるようになっていますが、読み方も何のことを言っているのか理解出来ない人が多いと思います。たしかにXoopsだけでは意味がわかりません。
Xoopsとは「ジープス」と読み、ホームページやブログ、自分だけのポータルサイトを作ることが出来るのようになるのです。
たぶんこれを聞いた人は、別にXoopsじゃなくても作ることは出来るだろ?って思ったのではないでしょうか。
確かにXoopsを使わなくてもサイトを作ることは出来ます。しかし、一から作ろうとすると開発のために言語の勉強から初めてしまわなければいけませんし、高度なポータルサイトを作ろうと思えばそれだけ覚えることが増えてしまいます。
そこでオブジェクト指向のポータルシステムであるXoopsの出番です。オブジェクトとは、ユーザーが欲しいと思った機能が詰まったパッケージだと思ってください。
このオブジェクトを使うことでサイトの機能を増やし、また利便性を向上させることが出来るのです。
Xoopsで使われるオブジェクト、機能の一部としてはメール機能や掲示坂機能、ニュースや日記にために必要なカレンダー機能などです。
そして多くの人に見てもらうことを目的としない場合、身内だけで利用する場合にはこのXoopsを使ったポータルサイトが利便性も高く好まれています。
Xoopsを利用するにはサーバーやFTPなどが必要となり、場合にはよってはテキストエディタなども必要でしょう。これらの機能を使ってホームページやポータルサイトを作ることが出来るのです。